株式会社ビクトリーのサービス 内装解体、産業廃棄物の収集運搬、中間処理

”内装解体+産業廃棄物の収集運搬+中間処理"
一貫して行える体制を整えています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

HOME | サービス

産業廃棄物の収集・運搬/(株)ビクトリー

「お客様のニーズに合わせた付加価値のある産業廃棄物の収集・運搬を行います」

工事に伴う廃材において、リフォーム業者様の悩みの種は、廃材の処理費高騰にあると考えます。弊社では、廃材処理費を出来る限り圧縮するために、小口回収サービスを提供しております。
「窓口が営業部だからこそできる、柔軟かつ迅速な対応。」
その他、廃材を置いたままの状態から回収する『搬出作業』やそれに伴う『養生作業』『養生撤去』のサービスも提供しております。

<収集運搬エリア>
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
茨城県・栃木県・群馬県・静岡県・長野県・山梨県

搬出作業

ビクトリー 搬入
 当社は、近年ご要望の多くなってきている搬出作業に重点を置いております。室内やベランダに置いてある廃棄物を丁寧に搬出し、搬出後は、搬出経路の清掃もきちんと行っております。​ 
※ご要望により養生作業も行います。
(マンション共用部分など)
ビクトリー 養生
 

<収集許可品目>
がれき類/廃プラスチック類/金属くず/木くず/紙くず/繊維くず/ガラス・コンクリート・陶磁器くず/廃油

登録車両

ビクトリー 4tダンプ


ビクトリー 2tダンプ
 
ビクトリー 保有トラック
 
        ●2tアームロール   1台
      ●2tダンプ      56台   
      ●3tアームロール    4台
      ●3tゲートダンプ    1台
      ●3tダンプ      6台
      ●4tアームロール   10台
      ●8tアームロール     2台 

コンテナ

ビクトリー コンテナ

会社や廃材置き場などへの設置や、現場への設置もお受け致します。常設することで廃棄物の集積・保管が可能です。積込みでの回収に比べ、短時間での回収が可能です。
 設置時のサイズ:
5㎥…3000×1670×1450(mm)
8㎥…3860×2075×1455(mm) 

 脱着式コンテナ車について

​奪摘装置付きコンテナ車は、コンテナの積み下ろしができる専用車両です。工場、倉庫、事務所はもちろん、現場などにコンテナを設置する場合は、設置場所を検討する必要があります。

ビクトリー 脱着式コンテナ
※地面の状態や周りの壁等の状況により設置できない場合も考えられますので、まずはお問い合わせください。LinkIcon

内装解体/(株)ビクトリーワークス

「壊すだけの解体から造るための解体へ」

内装解体専門部では、キッチンやユニットバスの交換、間仕切り、枠上げといった小規模の解体からスケルトン工事まで幅広く対応しております。
『造るための解体』という視点からの目配り・気配りの行き届いた仕事ぶりと、廃材回収までの一括対応が評価され、毎年1,000件を上回る解体工事を受注しています。
<養生工事>
大きな工事の時は、撤去廃材を大量に搬出するため、マンションの共用部などは、養生が非常に重要です。また、小さな工事の時には既存部分が作業エリアに隣接していることや、お施主様の家財がある状況での工事となるため、既存部分・家財への養生が非常に重要となります。
弊社では多種多様なリフォーム現場での養生工事の経験を生かし、現場の状況に合わせた材料、方法をご提案いたします。

ビクトリー 内装解体工事
工事内容:内装解体工事、床剝がし工事、原状回復工事、仮囲い及び養生工事 
 

産業廃棄物の処理/(株)ビクトリー

「産業廃棄物を適正価格にて適正処理・リサイクルすることによりお客様と社会のために貢献します」

 産業廃棄物の収集運搬から中間処理まで一貫対応、関係法令厳守を第一に最後まで責任を持って適正処理しています。また、事業者が環境への取り組みを効果的・効率的に行うことを目的に環境省が策定したガイドライン「エコアクション21」の認証・登録を取得。資源循環型社会の形成に向けた活動も行っています。

中間処理工場

ビクトリー 中間処理工場

「廃棄物の適正処理」
産業廃棄物の中でも不法投棄、不適切処理が多いといわれている建設系廃棄物を取り扱う処理業者として、その責任を重く受け止め関係法令厳守を第一に活動しています。

積替・保管施設

ビクトリー 積替保管工場
「環境負担の低減」
限りある資源の有効活用、温室効果ガスの抑制など、資源循環型社会の形成に向けた活動を行っています。

マニフェスト

廃棄物排出業者が廃棄物処理委託の際に廃棄物の名称・数量・性状・運搬業者・処分業者・注意事項を管理表(マニフェスト)に記入し、廃棄物の流れを自ら把握・管理する方法です。また、委託の基準に違反し不適切な処理が行われた場合、排出事業者も責任を問われることになります。正しい委託基準に基づき適正な処理が必要です。株式会社ビクトリーは、電子マニフェストシステム 「JWNET」にも加入しています。

 
株式会社ビクトリー TOP
株式会社ビクトリー 求人
株式会社ビクトリー お問い合わせ
株式会社ビクトリー アクセス
ビクトリー Facebook
エコアクション21 ビクトリー
フルサポート